最近の思う事

最近の思う事

ここ中伊豆の梅木にも

秋の訪れがやって来た。

僕が住むこのアトリエの前の山も紅葉して

色のうつろいが目の前で変わる様を感じれる。


今年の8月に移住をしてきた

この中伊豆にも新しい新入りとして

まだ自己紹介をご近所さんと出来ず。。。


そんな状態で、今は作家活動を休止しながら

友人や周りの協力を得ながら、

いろんな事を整えている。


中伊豆のこの地域に入れないまま、

東京で仕事をする。

僕は中伊豆と東京を毎日、

行き来している生活を送っている。


この豊かな自然の中で

染織・テキスタイルをするために。

身を置くと決めたのに、

会社で働く自分。


自然は人と対象的では無く、

人が自然の一部として、

生きることが大切と思っているのに、

対象的な生き方をしている。


一昨年に行った

自然と人のテキスタイル展から

自身の心境が大きく変わったんだよ。



中伊豆と東京。

田舎と都会。

自然と人工。




小袋 成彬さんという

アーティストさんの音楽を友人に教えてもらった。


作品の中にヨーロッパを30日間かけて

横断する友人が会社をやめる時の

話があり、僕の今の心境と重なり

昨晩は何回も聴き直した。


丁度いま、僕は人生の分岐点に来ている。


僕は今、社会というシステムの中で、

強制的に消費されている。


何も無い道だけど、

自分の足で歩く。


このホームページは

まだ誰も見れない状態で、

この日記を綴る。


僕はここで脱皮をするんだ。