BORO

BORO


東京・浅草にある

「アミューズミュージアム」

ここは

布文化と浮世絵の美術館。


津軽の厳しい寒さの中で

纏われていた布や、刺し子。

その土地の布に対する思いや

布を通して伝える思いが

込められている空間。


関西に住んでいた時、

神戸ファッション美術館で

「BOROの美学」という展示会をやっていた。

その時も資料提供は田中忠三郎さん。

当時とはまた違った感覚で見ることができた。


寒い場所。少しでも暖を取れるように

布と布の間に麻を詰めて。

作物もあまり育たないから

小さな切れ端でも置いといて、

破れたら繕う。


そうやって大切にされて来た布が

今、美しいと思う。

その布に対する思いが

とても美しい。